Best30 Logo

2018Best30競技方法

予選

18ホールストロークプレーによる予選を行い、 決勝に進む1位から16位までを選出します。 30位から17位までの順位はその時点で決定します。 同スコアの場合はカウントバック方式を採用します。 18番のスコアの良い者、それも同じなら、17番、16番と決着の着くところまで 比較して行きます。

決勝

1番ホールから4番ホールを使ってマッチプレーでの決勝を行います。

先ず予選の順位によって1位と16位、12位と15位というように16名を8っつのブラケットに分け4ブラケット8名ずつを A, B 2ブロックに配置します。

スタートは1番ホールからAブロックの第1ブラケットと第2ブラケットの4サムでティーオフし、次にAブロックの第3ブラケットと第4ブラケット、以下Bブロックが同様に続きます。


一番ホールで次に進める8人を決定します。 同スコアの場合は予選の順位が上の者の勝ちとなります。 その時点での敗者の最終順位は、予選の順位を元に決定されて行きます。


同様に2ホール目では4人を決定し、3ホール目では優勝決定戦と3位決定戦に進む者を決めます。


第4ホールからは予選順位のアドバンテージを無くして、優勝決定戦と3位決定戦を行いサドンデスのプレーオフとします。

先に3位決定戦、次に優勝決定戦が続きます。

決着がつかない場合はそのまま次のホールで戦います。

競技ルール、エチケットなど

  1. 指定されたスタート時間の30分前までにレジスターしてください。 スタート前10分前にレジスターされない場合には失格となります。
  2. 変更!(大変申し訳ないのですが、プレーの進行を想定し検討した結果、以下のようにティーグランドを変更させていただく事になりました。ご了承いただけますようお願い申し上げます。)

    部門別のティー:一般はBlue、シニア(55歳以上)はWhite、レディースはRed、スーパー シニア(75歳以上)はGold から行います。
  3. 誤球をさけるため、スタート前にお互いのボールを確認してください。 プレー中にボールを換える場合も同伴競技者の確認をうけてください。 
  4. 例年、真剣なプレーの結果スロープレーになるケースが頻繁に見られます。 今回はさらに、フェスキューラフ、環境保護区、O.B.、ラテラルウオーターハザード などがありますのでさらなるトラブルが予想されます。  そういう事態に際しましては暫定球の励行と共に、 前のグループとの間隔を空けないようペースを守る。 ゴルフバックやカートは次のホールの近くに置く。 できるだけショートパットはマークせずホールアウトするまで続ける。 パー3では後ろの組をウエーブアップする。 先のホールアウトしたものが旗竿の世話をする。
  5. など同伴競技者で協力仕合い、慎重かつ迅速に対応され スロープレーの起こらぬようご協力ください。
    予選のストロークプレーでは一般に1ホール15分、9ホール2時間15分、 ワンラウンド4時間半が基準ですので本大会もそれを採用します。
    18ホール終了時(大会本部にスコアカードを提出時)に前の組と 20分以上のの遅れをとった場合(基準の時間以内なら問題なし)は その組全員に2打罰の対象とし、裁定は大会の競技委員で行います。
  6. カートの運転は不慮の事故などが起こらないように 運転者も同乗者も十分な注意をお願いします。
  7. プレーの終了後、大会本部が用意したOfficial Score Cardを確認の上、 全員がアテストして提出してください。
  8. 天候によるプレーの継続、または中止の判断は大会本部の指示に従ってください。
  9. 本大会はUSGAのルールとローカルルールに従って行います。 ただし、競技の進行を早めるため距離を測るディバイスの使用は認めます。 プレー中ルールがはっきりわからない場合にはスロープレーを避けるため、 プレーをそのまま続行し、プレー終了後、アテスト前に大会委員の判断を仰ぎ、 修正が必要であれば、スコア提出時にその指示に従ってください。

皆様のご健闘を祈っております!